けん玉できた!の感動をみんなに ~ 筒けん(つつけん)
筒けんこぼれ話

【オンライン筒けん部へ向けて】テストを進めています

オンライン筒けん部スタートに向けて準備を進めています

少し前に「オンライン筒けん部」需要ありますか?という形で筒けんのさまざまな楽しみ方を紹介したり、一緒に筒けんを楽しむものをブログやInstagramなどで軽めに紹介したところ、いくつかの反応をいただきました。

オンラインは自分自身まだ苦手意識があって、どうしようか悩んでもいたのですが、少しでも需要があるならばと思い、現在オンライン筒けん部実現に向けて準備を進めています。

とはいえ、自分もオンラインの経験がほとんどなく、どう進めていいのかもいまいちよくわからない状態。オンラインで世界大会まで運営し、さまざまな実績のある一般社団法人グローバルけん玉ネットワーク様にも相談させていただき、多くのアドバイスをいただきました。

自分のできる範囲で機材も買い揃え、実際にZOOMで筒けんアンバサダーズの数名にミーティングに入ってもらい、実際の見え方などもアドバイスをいただきました。

床が板の間なのですが、玉を落としたときの音が想像以上に大きくて耳障りだとか、どんな服装が見やすくて、どんな玉や筒が見やすいのかなども検証を行い、多くの気づきを得ることができました。

驚いたのは、とにかく照明で明るくしないと!と思っていたのですが、WEBカメラの性能が良いみたいで明るくしすぎると逆に顔が白くなって見にくくなってしまうということ。

照明を減らし、明るさを調整したところ、顔の表情もわかるようになりました。

ディスプレイも大きなものが良いとのことだったので、こちらを用意。たしかにノートパソコンの画面では小さすぎてZOOMの画面内がよくわからなくなってしまっていましたが、こちらのディスプレイにしたところ、はっきりと相手の顔もよく見え、ストレスがなくなりました。

自分、メガネをかけていますが、それでも目が悪いので大きな画面は大切だと再認識しました。

 

ワイヤレスのマイクはもともと車で運転しているときに使っていたこちらを流用。音の大きさも音質も問題なく使えました。

そのほか以前から使用しているグリーンバックとリングライトをそのまま使用。

あとはパソコンさえあればどこからでもそれなりにオンライン講座ができてしまうのはある意味すごい時代になったものですね。まだまだ使いこなしているには程遠いですが、それでもこれでオンラインで発信する準備はできました。

あともう少し内容を詰めたらいよいよオンライン筒けん部をスタートさせる予定です!

★「筒けん」「左きき用けん玉」 オンラインショップにて販売中!是非チェックしてね!
・長野県上田市「道と川の駅」、長野県青木村「道の駅あおき」、長野県下諏訪町「諏訪バッティングセンター」でも購入できます。

★動画や投稿は Instagram Facebook Twitter それぞれで公開中。