けん玉できた!の感動をみんなに ~ 筒けん(つつけん)
筒けんの楽しみ方

【筒けんが気になるけどどうなの?】筒けんの雰囲気を味わうにはまずはコレから

筒けんが生まれた経緯

筒と砂の入った玉で楽しむ「筒けん」。

今でこそこの写真のような形になっていますが、もともとは偶然から生み出されたものでした。

スポンサーリンク




偶然が生み出した「筒けん」

ある時、ポテトチップスの丸い筒ジャグリングのボール(ロシアンボール)で遊んでいたところ、キャッチがとてもやりやすいことに気が付きました。その中でも使いやすかったのはカルビーのクリスプ。なぜかというと筒の底が簡単に抜けるんです。

こちらにも経緯は書いてありますが、「たまたま遊んでいて」できた産物が筒けんです。

あわせて読みたい
筒けんとは けん玉はむずかしい? 「けん玉はむずかしい」「けん玉は苦手」「けん玉できないから嫌い」 日々けん玉を教える中でこの言葉を聞くたび...

ある時はリレーのバトンを使ってみたり、

ドレミパイプ(ブームワッカー)を使ってみたり、

サランラップの筒を使ってみたり、筒状のものはいろいろと試してみました。

玉も大けん玉の玉を使ってみたり、

ビーンバッグなども試してみました。

それでもやはり使いやすいのはポテトチップスの筒と砂の入った玉(ロシアンボール)。けん玉教室などで何セットか持っていくとみんな競うように遊びだします。

「どこで買えますか?」

いやー、見ての通りポテトチップスの筒に玉を組み合わせただけなんだけど・・・と思いつつ、あまりにもいろいろな方に聞かれるので思い切って商品化することにしました。

商品化するにあたり、やはりポテトチップスの筒では耐久性が無い。やはり樹脂にする必要があると思い、樹脂の筒を探しました。ボールもジャグリングのロシアンボールは値段が高いのです。

手ごろな価格にするために試行錯誤を重ね、少しずつ改良して今の形になりました。

買うのはちょっとなあ・・・という人は手作りから

筒けん気になるけど買うのはちょっとなあ・・・という方はまずは手作りして試してみてください。きっと技のやりやすさがとてもよくわかると思います。

あわせて読みたい
【お試し筒けん】画期的!?手軽に手に入るものを使って実際の筒けんに近い感覚で使えるものを作ってみた筒けんっていまいち何がいいのかわからない!? おかげさまで少しずつ手に取って使っていただく方も増えている筒けん。 実際手に取って...

このキャッチのやりやすさは体験するとクセになるはずです。

 

まだまだ温めているネタはたくさんあるので、これからも少しずつ出していきたいと思っています。

今後の筒けんにもご期待ください!

★「筒けん」「左きき用けん玉」 オンラインショップにて販売中!是非チェックしてね!
・長野県上田市「道と川の駅」、長野県青木村「道の駅あおき」、長野県下諏訪町「諏訪バッティングセンター」でも購入できます。

★動画や投稿は Instagram Facebook Twitter それぞれで公開中。